役員が電子機器を徴収する令状を持っている場合、所有者は最初に電源を切っていると主張できるのですか?


5

ちょうど好奇心の別の理論的な質問。

アメリカ合衆国の個人のノートパソコンを取っている/捜索するための令状を役員が取得し、それを提供するようになったと言います。現時点では、役員は、個人がラップトップを持っている(または休止状態の)令状を提供していると見なされ、データを見ていると無関係に見えます。ラップトップをそのまま使用した場合、後で検査するために休止状態から抜け出すとデータが見える可能性がありますが、コンピュータが完全にオフになっていればデータを取得できませんでした(シークレットブラウザや暗号化ドライブなどを彼のトラックをカバーする)。捜査されている人は、令状が現在コンピュータにのみ存在し、現在彼が関与している活動ではないという理由で、コンピュータを電源オフにする権利を持っていますか?

コンピュータが電源を切らず、状態がデバイスが無効化されていないためにアクセス可能だった証拠を使用して試行に移そうとすると、個々人は何をすることができるのでしょうか?証拠を却下することができますか?解雇される証拠を没収する前にコンピュータを無効にするよう要求しなければならないか、拒否されているか、遡及的に指摘しておくべきだろうか?

コンピュータが没収された瞬間にプライベートブラウザで閲覧したコンテンツのために誰かが有罪であることを知っているが、法的に実行可能ではないために訴追できないことを警察が正当化することはできますか?

+3

私は弁護士ではありませんが、役人がコンピュータを見つけた状態でコンピュータを受け入れることが許可されると思います。たとえ令状が指紋、武器だけをカバーしていなくても、銃の指紋は容認されると考えられます。 12 1月. 172017-01-12 14:32:11

+2

ええ、被験者がそのような権利を持つことは深くないようです。 「デバイスをオフにする」と「すべてのデータを消去する」、「暗号化キーを削除する」、「デバイスをブリックする」などの間に法的な区別がある理由は何でしょうか?そして、あなたのデバイスが押収される前にすべてのデータを消去する権利があると想像するのはかなり不合理です。これは、差し押さえの目的全体を破るでしょう。 12 1月. 172017-01-12 14:38:59

5

捜査対象の人物は、令状がコンピュータにのみ適用されていることを理由に、コンピュータに電源を切るよう要求する権利がありますか?

いいえ。令状は、妥当性の疑いがあるコンピュータとそのコンピュータ自体(禁制品)の両方が令状の範囲にあることを指定することがよくあります。具体的にの情報をターゲットとして指定したとしても、そのコンピューターが占有している可能性があります。

発作はそのまま起こります。あなたは何かをきちんと整えることはできません。

デバイスを握ったり、冬眠モードから目を覚ましたりするときに役員が見るものは、「プレーンビュー」の原則の下で許容されるでしょう(または、令状の範囲内であってもかまいません。彼らが探している情報)。